Airport Cafe* THE ALFEE 東京国際フォーラム(2011.10.15)ライブ・セットリストMCネタバレ ALWAYS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年10月15日(土) THE ALFEE 2011 秋ツアー
Neo Universe 2011 ALWAYS
東京国際フォーラム ライブ
セットリスト、MCなどライブのネタバレレポです!


東京は朝、雨と風が強かったのですが、午後になって静かになりました。

今日の東京国際フォーラムは、今回の秋ツアー4本目の公演です。

東京国際フォーラム

東京国際フォーラムチケット

私にとってはツアー初日です!
席は2階6列 中央。
Aホールに入ると、2ヶ月前に発売になった「TAKAMIY CLASSICS」が流れており、
客席のみんなは今買ったばかりのグッズを友達と見たり、
カーディガンを脱いでスタンバイOKだったり、この時間って本当に幸せですよね♪


以下ネタバレしてます。携帯の方も、これ以上スクロールされませんように。
 ↓
 ↓ THE ALFEE2011 東京国際フォーラムのライブネタバレはこちら!
 ↓
入場

ステージは、暗い中で青い光が何本もスっと地面に射しているような綺麗な感じ。

開演時刻となり、拍手が大きくなると、音楽が流れます…

いよいよ登場!カーテンが開きます。
青い線のように見えていた光は、実は黒っぽいカーテンの向こう側の光で、カーテンにあいていた窓から見えていたのですね。
メンバーがポーズをキメて立っています!

拍手と大歓声がおこり、メンバーが定位置へ…スタート☆


1.WILD BAHN! 

最初のハイハットのテンポで、WILD BAHN!だと気付いた方も多いはず!
「WILD BAHN♪」と最初から3人の声が響き、みんな大きく手を広げて叩く、華やかなスタート!

衣装は、
桜井さんが茶色っぽく少し光沢のある生地の上下スーツに茶色っぽいネクタイ、黒い靴。
幸ちゃんは白地に黒っぽいチェック柄のジャケットにネクタイ、下はインディゴ?黒?のパンツと赤いバスケットシューズのような靴に見えた。
高見沢さんはアルミ箔みたいな(ごめんなさい)濃いめのテカテカ上下で髪はサラサラ、おろしてました。

タカミィのギターが黄色、ライトもメインは黄色っぽくて、明るい感じ。
曲の途中、レース中の車が駆け抜けるような音がするところでは、照明がそれを照らして追いかけるように
客席を左右へライトが走って行くという細かな演出!かっこいい!


2.夢よ急げ 

2曲目からアンコールのノリ、一気に盛り上がります☆
間奏部分ではメンバー3人ともステージの前方(モニターの前)へゆっくり歩いて出てきて、その堂々とした姿にLiveを感じます。
オレンジといった原色ライトがキラキラと綺麗でした。


3.AFFECTION 

前曲のラストから間髪入れずスネアのダダダダ・ダダダダ!
今度はの照明でちょっと激しく。

タカミィのギターソロのあとの、イントロと同じフレーズのところでは、
まるで扉が開くように照明が左右へ順に流れます。
最近のライブでは、セットがシンプルでも照明の演出が凝っていて面白いですね。


曲が終わり、太郎さんのバスドラがドンドンドンドン♪と響き、みんなが手拍子をする中…


MC 幸ちゃん

地元東京!
ツアーは4本目!
日頃のイヤな事は忘れて、1階はもちろん、
2階のみんなも最後までよろしく!(みたいないつもの挨拶)


tokyo

4.サファイアの瞳 

”東京”という事でこの曲ですよね♪
「真夜中のTokyo City Lights♪」のところ、桜井さんも意識して歌ってくださってるような…?
ワンコーラス目のAメロから、タカミィのギターのカッティングが激しくて、原曲とはちょっと印象が違い、最初からカッコ良かったです☆

歌は”サファイア”ですが、ステージはエメラルドルビーカラーで素敵でした。
途中、間奏はライヴバージョン、桜井さんのベースの見せどころ?ですが、あまり聴こえなくて少し残念でした。
タカミィのカッティングと、幸ちゃんのパーカッションは堪能できました♪スティックをくるくる回すしぐさが好き。


5.Let It Go 

イントロ、幸ちゃんにだけスポットライトがあたり、激しいアコギの音。

タカミィが歌う「心が折れそうな時 もう一度信じてみよう 夢に向かって 走り出したあの情熱をー♪」の部分、首を横にし身体をななめにして、ギターをジャラーーンと弾きながら歌う様子が、まるで頭を撫でてくれてるみたいに見えて!?声も優しいし、ちょっと弱ってる私には心に沁み入る感動的なシーンでした

春に続き、秋でも聴かせてくれるなんて嬉しいです。アルフィーとしては一番新しい曲ですね。


6.SWEAT & TEARS 

タカミィが前へ出て、右へ左へ走りながら歌ってくれます。
「ひとすじの希望に 導かれるはず♪」の時に、力強く2階席方向をを指さすので、私に向かって歌ってくれたような錯覚でした(笑)←みんなもそう思ってる?
(本当にひとすじの希望が迎えに来てくれる気がしてドキっとしたんですよ!)

そう、この曲で忘れてはいけないのが、桜井さんの小ネタですね(笑)
太郎さんの方を向いて何かふざけていたり(?!失礼)してましたが、
ついつい走り回るタカミィを目で追ってしまってます、ごめんなさい!



MC 3人

最初は幸ちゃん。みんなを座らせてくれます。

ツアー初日の八王子に来た人!人生初めてアルフィーのライブに来た人!などの質問。
初めての人は、周りのベテランぽい人に聞いてね、年齢の事じゃないですよ(笑)

ここは、どんな秋かを聞くコーナーだけど、実は高見沢さんの着替えのつなぎの時間ですが(笑)

八王子で聞いたけど、ロクな話にならなかったので早くも消滅させた、その張本人を呼びます(笑)

で、桜井さん登場。

下から読んでも”まさるさま”の話

桜井さんはロクな答えをしないと言われ、
テーマ聞かされてないんだからしょうがない、君たちがそれを何とかしてくれなんて言ってました。
幸ちゃんもテーマを本番直前に聞かされてると話してました。
それでも面白いんだから、すごいですね。

政治家の年齢が自分より上とか下とかの話、風が強かった話。

幸:あなたにとって秋とはどんな季節ですか?
桜:恋の季節です。忘れられないのー♪忘れられないの~♪(一人で歌って幸ちゃんにツっこまれてた)

幸:高見沢さんから指示が来ています「決して、すべらないように」と(笑)

桜:学生時代の、プラトニックな恋。
幸:プラトニックはあったんですか?
桜:あとからプラトニックじゃおかしいじゃないですか!?

幸:初恋は秩父でですか!?
桜:秩父で初恋があっちゃいけないんですか!?

桜井さん、中学2年の時ウキウキする恋だった(!?)話。(ジュリーの歌を歌った。)


高見沢さんを呼ぼうという話から、
桜:最近、腕力があるから逆らえない。力こぶが3個くらいあって”おそなえ”みたい(笑)

タカミィ登場。

髪を一つに結び白っぽいシュシュ。
黒がベースで金の飾りのついたロングコートのようなノースリーブの衣装。
クロスのペンダントと、腕にはリストバンド?

高:こら!おまえ!すべりすぎだ!
  だいたいあとからプラトニックになった時というのは、
  他に女ができた時だ。


すかさず2人に、さすが経験者だ、墓穴を掘ったと攻められ照れ笑い?してました。


高見沢さんにとっての秋は、
「街も…空も…食いものも(笑)、すべてがロマンティックだ。」

幸ちゃんにロマンティックな食べ物はと聞かれ、考えた挙句、「チャーハン」(笑)

高:君に大きなスプーンをあげよう♪僕はしゃもじ♪(笑)
幸ちゃんとタカミィ2人で口を大きく開けてチャーハンを食べる真似をしていて可愛かった☆

そこでタカミィが急に思い出したエピソードを話す。
昔、飲んだあとに桜井さんと一つのピラフを2人で両側から食べていった時に、境界線を決めていたのに
桜井さんはその下をトンネルを掘るように食べ進んでいた事があったと怒りだす。

桜井さん、「それは、お前も掘っていたからわかった事だろ!」と反撃。

幸ちゃんが、スパゲッティじゃなくて良かったねというような話をしたら、
桜:あいつはケチャップだらけにするから無理だ。
高:やめろ!そういうイメージで売ってないんだから!
桜:お前の不器用さは日本中知ってるよ!
そうだよ、今さらタカミィは何を言っているんだろう?とファンは思った(笑)

その後、幸ちゃんが「音楽もロマンチック」と言うと、
タカミィが、チック”って言うなよ、おっさんのポマードみたいだろ!
(商品名を言ってましたが正確にはわからなかったです


ビートルズの話になり(流れを忘れた)
「イエスタディ」の最初の部分を桜井さんがベースで一音弾いて歌うのですが、
その音と声のキーが可笑しく、なんとも情けない歌になっていて何度もやっては幸ちゃんが爆笑してました。

国際フォーラムとカボチャ

7.リバプールから遠く離れて 

幸ちゃんがイントロを弾き始めると、だんだんと照明がブルーに落ちていき、
スポットライトの中で、まるでウクレレを弾いてるようなのんびりしたムードになります。
歌が始まってからは、黄色と水色でかわいい色合いでした。
ステージのセットが、最初は未来的に見えていましたが、照明の効果か、
大きなアンモナイトの化石が埋め込まれてるように見えました。
座って聴くにはノリのいい曲で、つい身体が揺れてしまいます。
タカミィの白っぽいラメギターがキラキラ反射してきれいでした。


8.もう一度君に逢いたい 

シンセが静かに流れ、何の曲だろう?とワクワクしていると、
桜井さんだけにブルーグリーンのスポットライトがあたり、一人で歌います。
「あの頃は君だけがすべてだったようにー この胸にいつまでも愛は輝くー♪」
ここだけを優しくゆっくり伸びやかに歌うのですが、さっきまでバカ話をしていた方とは思えず(大変失礼)その歌声にうっとり…
薄紫色の綺麗なステージ、床には模様が描かれます。
色はちょっと違うけど、落ち葉の上で歌っているような?
タカミィのソロではステージが薄い緑と紫が混ざったような色合いがなのですが、それがとても美しいです。

もみじ


9.ひとりぼっちのPretender 

幸ちゃんの情熱的なラテンぽいギター、そして慰めてくれるような声に、
詞を噛みしめながら聴いてしまいますね。
あとで高見沢さんもおっしゃってますが、久し振りに演奏された曲。
ピンクオレンジ…と原色系で、網のような模様がグルグルしてて動きがあり、座りコーナーですが前曲とは違った感じです。
タカミィのギターソロでライトがタカミィに集まってくるのが見どころです。
激しいリズムにも細かく合っていて、照明さんすごいです。


10.雨の肖像 

前曲はフラメンコを見終わったみたいだったのに、ガラリと変わります。
徹底された雨のイメージか、上に向かって水色のライトがスッと伸びたり、
白く細い線状のライトがタカミィへ降り注いだり、客席へ渦巻くように伸びたり…
泣きのギターの高音、雨のように刻むピアノの美しい音、切ない歌詞、高見沢さんがうつむくシルエット…
当たり前ですが広いホール全体を包む、素晴らしい空間。
ライブではめずらしい、もう一度聴きたい貴重な曲です。


MC 高見沢さん


ALWAYSなものと言われると、不本意とは言わないけど2人の顔が浮かんでくる。10代から一緒だったから不思議、僕らにも少年時代があった(笑)

好きなアーティストのコピーをして、ハーモニーをやって、なんとも言えない感じがあり、お互い憎しみ合っているけど!?(笑)その時の感じそのままにずっと今も続いている。
(いいですよね、こういう話、大好き♪)

もうひとつのALWAYSなものはギター。
これは1958年ものだと思っていたが、57年でした。
ギターは古いものほどいい音がする。
57年もののヴィンテージ、いいですか?57年もの!僕らをずっと見て下さい!
(自分達がそうだヨというように、何度もそんな事を言われてました。笑)

みんなのALWAYSなものは、コンサートであって欲しい。
僕らがやめてしまったら、みんな日常で腕を上げる機会がなくなる(笑)
会社や学校で、腕を上げる機会はないだろ?

その後、高見沢さんが一人で笑いだして止まらなくなった(笑)

すかさず幸ちゃんが「どうした!?」
そしてマイクではほとんど拾えない位置で幸ちゃんが
「何か思い出したんだろ」と言うと、
タカミィも「うん(笑)」と認めていたのが、かすかに聞こえました(笑)
そして何故かつられて3人でケラケラ笑ってました(笑)
(本当、少年時代から一緒というだけあって、仲がいいですよね。)

ちなみに幸ちゃんは衣装の上着を脱いで、チェックのベストになっていました。


タカミィが、幸ちゃんは小学校の同窓会で同級生と先生を間違えたという説明をした。
すると幸ちゃんは、頭が薄くなっていたからだとジェスチャーを交えて面白く説明していたが、
タカミィに「もうやめろ、明日は我が身だと思え」と怒られていました(笑)


高見沢さんがALWAYSの説明に戻り、
”いつもそばにあるものが日常を作り、積み上げてきたものは大切だ。”
というまとめをしていましたが、もうちょっと長くいいこと言っていました
(毎度ながらタカミィのMCは早くて書きとれず、うろ覚えですみません半分オペラグラスタイムなので笑)


夕焼け

11.いつも君がいた 

桜井さんが、オレンジ色の夕焼け空の下で歌っているよう。うっすら青いところがまさに空みたい。
1番は太郎さんのドラムなしだった。
ALWAYS=いつも。これもテーマソングといえますね!
サビの「♪青春のすべてに いつも君がいた♪」はメンバーの事を歌っているように聴こえましたね。
幸ちゃんが揺れながら12弦ギターをかき鳴らしていた姿が記憶に残っています。


12.孤独の影 

青く暗~い中、低音が響きます。
この曲の最初のギターソロ、長めに時間をとっていましたが最高に綺麗!

高見沢さんにかかるスモークに、様々な和テイストっぽい中間色の照明が映えて、
まるで不思議な炎の中で高見沢さんがギターを弾いているようでした。


ネックを真上に向け、スラっと伸びるシルエットが美しく幻想的。
そこへ静かに入る幸ちゃんの声。

白いライトがくるくる、幸ちゃんから客席へ刺さる様に。
そして青と緑の光の中、雪のような模様。真っ赤なところもきれいでした。

最後のタカミィのソロでは、ドラムとベースの音がどんどん大きくなっていたようで迫力がありました。

”孤独の影”という深い曲、私は普段あまり聴かない曲なのですが、
今回の演出でイメージがとても変わりました。ぜひまた聴きたいです!
今日一番に感激した照明効果でした。

13.AUBE ~新しい夜明け 

このイントロで、みんな立ち上がりました。
(座りコーナーは合計6曲、3人のMC+タカミィのMC分で結構長く感じました。体力の充電完了!)
ボディに天使と弦が張ってある例の巨大エンジェルギター(ごめんなさい、名前調べてない…)

ライトがメンバーを包むように弧を描いて光り、まるで私達が宇宙の中を進んでいるようでした。

少し静かになる「♪天使の翼 あなたへの愛 変わらぬ想いを乗せて 光の彼方へーぇぇ~」で、
タカミィがシュシュをとりながら手を横に広げ、結んでいた髪がサラサラっとほどけ、男性なのにちょっと色っぽかったです


14.DNA Odyssey 

アルバムDNAのノーマルなバージョン、実は久しぶりなような?
色えんぴつみたいなカラフルなステージ。
一番最後のサビ「♪ラララー 何のためにー 僕たちは出逢うのだろうー♪」からのところ、
タカミィが叫ぶ声と姿に少し圧倒されました。すごく良かったです!


15.Neo Universe PART I 

アルバムが発売されてから毎ツアー演奏しているような気がしますが、ツアータイトルでもあるのでしたね。
前曲は組曲でいろいろ拍子が変わりましたから、こちらは聴き慣れてきて拳が上げやすかったです(笑)

そう、サポメンの2人の衣装は、
太郎さんが黒いツアークルーのTシャツ(TOUR CREWと書かれている)、
ただすけさんが黒のジャケットでシンプルでした。


16.ALWAYS 

前曲に続きツアータイトル、本編ラストはバラードです。
ブルーグリーンと薄い紫、優しい色合いで
「♪くじけそうな時 想い出して 僕の愛を…ALWAYS」
いい曲です


曲がドラマティックに終わり、大きな拍手の中で3人深々とお辞儀をして終了。
大満足でした♪

rose


アンコール1

ステージが明るくなり、ドラムの音が響きます。
ん?これはもしかして…♪

17.BLUE AGE REVOLUTION 

♪Fist!Fist!Raise up your fist!♪
アンコール1曲目から、イベントを思い出す盛り上がりです!

衣装は、
桜井さんが、緑と黒の柄のシャツを腕まくり、下はベージュっぽいパンツです。
たぶん、今回のツアーパンフの写真にある衣装と同じでは?
幸ちゃんは、白の長袖のTシャツですが、腕の部分はボルドーです。
で、めずらしく同じボルドーの編み上げブーツを履いてましたが、すっごくかわいかったです!
パンツは黒だったかな?
タカミィはおでこに大きなバンダナ?を巻いてサングラスをかけてました。
メモに、緑ラメ タンクトップ、茶スカート 黒パンツと書いてますが、いま全然思い出せません(苦笑)


18.恋の炎 

立て続けにロックテイストな曲でカッコいいです!
幸ちゃんがハンドマイクでステージの端まで歩いて行って歌ってくれます♪
途中、軽くつまずきましたよね!?タカミィはよくありますが(笑)なかなかレアでした!

恒例、最後にタカミィと幸ちゃんの絡みもありました(笑)


19.Stand Up,Baby -愛こそすべて- 

イントロ最初でテープが客席に飛び出します!
そしてタカミィがハンドマイクで飛び出します!
キターー!私の一番テンションあがる大好きな曲♪
「♪こーんなー素敵なー ”東京”の夜はー ほかにないー♪」

それにしても、今日一番で2階席が上下に揺れました…感覚としては15cmくらいは上下したような!?
ちょっと恐かったけど、自分も激しくジャンプし続けたら何だかわからなくなりました(笑)(でもちょっと疲れた)走り回る57歳には負けられませんね!
お馴染み、最後にタカミィが高い声で「Stand Up,Babyーーー!」のシャウト!


メンバー紹介

太郎さん、ただすけさん、桜井さんや幸ちゃんには何か形容詞をつけて紹介してましたが、よく聞き取れなかった(笑)


タカミィが、客席に向かって挑発し、
「行くゼー!」で、ディープ・パープルの『Burn』が始まる!

そして結局、歌に入る直前!これ↓に変わるお約束(笑)


20.君はパラダイス 

軽快な幸ちゃんのアコギのイントロに切り替わったら、本当なら私達はズっこけた方がいいのかしらと思ったり(笑)よくタカミィが「ヘビーなナンバーをお見舞いするゼー!」的な紹介のあとはお約束です。わかっていても、好きな流れ!

「♪軽いあなたの笑顔 とてもセクシーよ~♪」の女性Vo部分はタカミィが裏声で歌ってました。

今回、コントは無いのですが、曲の途中で幸ちゃんが”妄想ラジオ”と題して、DJっぽく「有楽町から生放送でお送りします!」なんてラジオコントがスタート!
タカミィがアシスタントで「東京都にお住まいの…」なんて葉書を読みます。
内容は、小学生が桜井さんにいろいろ質問する設定ものでした。
桜井さんが困りながら答えます。桜井さんを舐めたいというハガキに「♪シャララララ舐めたいよーシャララララ桜井賢~♪」

桜井さんがハガキを読み上げる番では、幸ちゃんへの質問として吉田太郎さんからのお葉書(笑)
「カツラがむれませんか?」などのヅラねたをいろいろ質問、幸ちゃんもノリツッコミしてました。
最後は「♪シャララララ むれないよー♪」なんて歌います。

幸ちゃんがタカミィへの質問の葉書を読む設定では、本当はどうういう人ですか?みたいな内容に対して幸ちゃんが勝手に”ズボラ”だとか”食い散らかす”と答えちゃってました(笑)
「私の夢はタカミィと○○○○することです」という意味深なハガキに対し、三人がごにょごにょと話す中、最後にタカミィが「筋トレ!」と答えて「♪タカミィと筋トレ~♪」


21.星空のディスタンス 

直前までふざけてましたが(笑)、ただすけさんのピアノでガラっと展開が変わり、この曲へ。
定番曲で、気持ちよくアンコールが終了です。
(ちょっとビックリしました。)


夜

アンコール2


MC 高見沢さん

ツアーは始まったばかりだけど、この盛り上がりのまま暮れまで行きたい!

ツアーは恒例だけど、もう国民行事だ。
今年は、恒例じゃなくなる危機を感じた。
ツアーをやっていて、いいのかと思った。
常に守り続けたい場所はここで、ここでいろんな事を考えてきた。
ライブが出来ないかもしれないと思ったせいで、ライブ1本1本に対する気持ちが強くなった。

僕たちは学生時代から、好きなミュージシャンと同じ音を出す、間違えも完璧にコピーした。
プロになって、コピーじゃなくオリジナルを作りたい、コンサートをやりたい、という夢になっていった。
今、この夢の、真っただ中にいる。永遠に覚めることはない。
これがアルフィーのALWAYS。

ものごとには、始まりがあって終わりがあると言うけど、
僕は、終わりは次への始まりだと思っている。
今日の終わりは、明日への始まり。ひとつのコンサートは次のコンサートの始まり。
次は武道館で会いましょう。



85年に作った曲、あれから今も夢は続いています。

22.夢の終わりに 

星空のような濃い青、薄紫の光がさし、グリーンのスポットライトがあたる。
高見沢さんの素晴らしいお話のあとで、「夢」というキーワードが特に映えて聴こえましたし、最後、タカミィが丁寧にギターの音を一音一音出してる感じがして、とても心に響きました。
個人的には私がファンになりたての頃に憶えた曲だったので、いまだに目覚ましの曲にしたりと、とても思い入れのある大好きな曲です

そしてこれでてっきり終わりかと思ったら…


23.夜明けのLANDING BAHN 

幸ちゃんがアコギを弾きながら、ブルースハープ(ハーモニカ)を吹きます
「えぇ!?」なんともう一曲あるのですね!しかもLANDING BAHN…またまた感激!
アルバム「AGES」から2曲続きましたね。
照明もシンプルで、”ライブ感”がありました。

羽田の朝日

手を振る3人に拍手をしながら、このまま終わりたくない!…と思ったけど、終わりは次への始まり。
また逢えることを楽しみに、明日も頑張ろうと思いました

FORUM


さて、春のツアーで歌われた新曲「生きよう」について、偶然にもブログで私は「どこかALWAYSっぽい曲」と書きましたが、その時からライブで聴きたいと思っていたので叶って本当に嬉しかったです。
今回のツアータイトルを決めるにあたり、関係された方もどこか同じようにインスパイアされたのかしら?

繰り返される何気ない日常が、実はどれだけ大切な事かを思い知らされた今年、とても素晴らしいタイトルだと思います。



東京国際フォーラム

  クリック
   ↓↓↓
ブログ内のALFEE 関連記事をまとめて表示

ランキング参加中です。同じジャンルのブログ一覧も見られます。
blogram投票ボタン
にほんブログ村 音楽ブログ グループミュージシャン 応援へにほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ人気ブログランキングへ
コメント
大宮行きました。
こんにちは~。
お久しぶりでごさいます。

フォーラムの様子、読ませていただきました。
敬子さんのブログの内容を読んで、またアルフィーのコンサートで演奏を聞きたくなって。
行くかどうか躊躇していた大宮のコンサートに行く気になって、アルフィーコンサートこの秋二回目に行ってきました。

八王子(初アルコン)では、LET IT GOとDNA Odysseyに感動して、今回は孤独の影が良いなあと思いました。
ブログにも書かれてありますが、アルフィーのコンサートは照明もすばらしいなあと私も思います。

今回大宮では高見沢さん曰く、大宮スペシャルで、君が通り過ぎたあとにを歌ってくれました。
それから、アルフィーのメンバー、大宮では八王子に比べてとても元気でした。

こんなところです。♪♪
2011/11/18(Fri) 01:03 | URL | アクエリアス | 【編集
>アクエリアスさんへ
こんばんは!遅いレポートなのに、ご覧いただき本当にありがとうございますe-466
今日、アンコール2もアップしまして、やっと終了、実に一か月も経ってしまいました(涙)

さて、大宮の様子を教えて頂き、ありがとうございます!結局他会場の様子は、友達が参加した桐生のレポを読ませてもらいましただけで、まだ調べておりませんでしたe-330なので「君が通り過ぎたあとに」を演奏されたなんて、うらやましいですし、どこがこれに変わったのか、改めて他会場と比べてみる楽しみが増えました♪
私はアルフィーファンになって最初に発売になったシングルが「サファイア~」と「君が通り過ぎたあとに」だったので、とっても思い入れのある曲なんです!大宮スペシャル、盛り上がったでしょうね!私も行きたかったですe-415

LET IT GOとDNA、私も感激でしたe-343そしてアクエリアスさんと同じく、孤独の影もいいなと私は初めて(!?)思いましたヨ。
照明、最近すごく凝っていて、ついつい演奏より照明見て「うわ~e-420」となってしまいます(笑)
レポ書きながら、メンバーの様子より照明についてばかり憶えている事が多いのは、お読みくださっているのでおわかりかと思いますe-330

メンバー元気な様子で良かったです♪秋は風邪ひかないか、喉をやられないか心配してしまいます。

コメントありがとうございました、またぜひお越し願います!e-249
2011/11/19(Sat) 00:38 | URL | 管理人けいこ | 【編集
こんにちは、
こんにちは、また立ち寄らせてもらいました。TORUです。 10月15日のコンサート、わたしも2階の8列目真ん中へんでした。 ちっょと前にいらっしゃったんですね。 すれ違っているかもしれませんね。 それはそうと、今回の10月15日のコンサートはみなさんどうお感じになっているのかなと思ってみていましたが、わたしは実はかなり違和感が残ったのです。

曲の構成、それからテンションという点であれあれあと思った珍しいコンサートだったのです。 私としては、Sweat&Tearsがあそこに来るのは?でした。 中間部の構成がだれてしまったように感じました。 それと、後半に行くに従って高見沢さんの声が持たなくなっているように感じました。

特に、夢の終わりに、は名曲として覚えていたものですが、アレンジが変わって切ない感じがなくなったのと、ボーカルのテンションが上がらないのが残念でした。 正直さびの部分で何を言っているのかまったく聞こえませんでした。

30年くらいアルフィーのコンサートに行っていますが、こんな感じになったのは初めてでした。 今年の春のコンサートは最高だったのに・・・と思ってしまいました。 皆さんはあまりお感じにならないようでしたので、もしかすると私の思い違いかもしれません。人生初ALFEEの人を連れて行ったからかもしれません。 そうであることを祈っています。 武道館は一人で参加です。 きっちりALFEEの世界に入りたいと思います。 最後になりましたが、レポートありがとうございました!
2011/11/26(Sat) 05:37 | URL | TORU | 【編集
>TORU様
こんにちは、ありがとうございます!なのにいつも遅くて失礼しております、申し訳ございません
さて、お席が近かったんですね、驚きです近くにメモ魔かStand Up,Babyでピョンピョンしてたのがいたら、私でしたよ
ところでTORUさんは、いつもと少し違う風に感じられていたのですね。
メッセージを読ませていただき、私も改めてセットリストを見ながら思い返してみましたが、残念ながら私にはそのように察知する能力が無かったようで思い出せません
SWEAT&TEARSの登場は確かに驚きました
それと「夢の終わりに」はとても好きな曲なので、それだけで舞い上がってしまったようですが、聴き慣れたCDの声とは違い、少し年齢を(失礼)感じました
個人的には全体的に好きな曲ばかりで、いつもならたいてい数曲はそうでもない曲もあるのですが、
今回は嬉しくて、メンバーの声の事とか、聴き逃してしまいました。
ところで私が、「あれ?」と思ったライブが一度だけあるのですが、それは6~7年前くらいだったか、ツアーの初日でした。
全体にぎこちなく、MCやコントもいつものように軽快とは感じなくて、ちょっと私にはもの足りなかったのです。
初日ってそうなのかなと思ってましたが、去年の春は久し振りに初日に参加出来ましたが、楽しかったのです
TORUさんの武道館の時は、そうでないといいですね!私は24日だけ参加の予定です

貴重な感想ありがとうございます
2011/11/30(Wed) 20:45 | URL | 管理人けいこ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。