Airport Cafe* 高見沢俊彦ソロライブ2010Fantasia東京国際フォーラム・ネタバレ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年9月12日(日) 高見沢俊彦(Takamiy)ソロライブ
Legend of Fantasia2010 ツアーファイナル
東京国際フォーラム2日目☆ 曲、MCなどネタバレレポです!

高見沢さん国際フォーラムチケット
東京国際フォーラム

いよいよ高見沢さんのソロライブ!
東京が最後なので、どれだけ待ちわびたか!?
17:00開演で、いつもより早くて嬉しい♪
さて、グッズを買って上へ。
上の階にもバーカウンターがあり、飲み物や軽食が買えます。
お腹がすいたので、ロビーでワッフルを食べていると、
いかにもギョーカイ人という人達がやってきて名刺交換をしている。
横目で見ながら食べて席へ☆

カウンター

2階6列のほぼど真ん中。
4列目までは関係者席のようで、さっきのギョーカイ人達や
いかにもミュージシャンという感じの人達、
そして普段ライブでは見かけない(!?)スタイルのいい綺麗な女性が来た。
(どうやらFANTAバンドのナナちゃんだったようですね♪)

国際フォーラムインフォ


東京国際フォーラムホールAは広くて高い。
席も交互になっていて見やすい気がします。
今回、関係者席の後ろだったので、特に見やすかった。
(でも、途中で携帯を見たりしていて、まぶしかったりちょっと迷惑!)

タカミィリストバンド

グッズのパンフのおまけ、リストバンドを取り出し、
さっそく腕につける。


恒例の、笑わせる場内アナウンスが流れます。
ロックばんイベントの頃から続いてるので、
ソロライブの時はギリギリの入場は危険です(笑)

・タカミィが夢の中でゲームをしているようで、ゲームは楽しいと寝言を言っている。
・皆さんをファンタジーの世界にお連れします。
・日頃の疲れやムカつく上司、彼氏彼女、地上アナログ放送が2011年7月に終了する事、冷蔵庫の野菜の事を忘れ、ファンタジーに浸って下さい。
・ファンタジーの世界に携帯電話は存在しないので電源を切って下さい。
・申し訳ありません、他のメンバーもゲームを始めてしまったのでしばらくお待ち下さい…
女性のきれいな声で、こんな内容だったと思います。

みんなでクスクスと笑ってから、手拍子が起きる。

セットは、ステージ中央に大きな円形の台があるだけのシンプルなもの。
今回もカメラのレールがあるから、DVDになるのかな♪と嬉しい☆

SEが流れ、タカミィが真ん中から登場。
私は気付かなかったけど、いつの間にか他のメンバーも登場していた。

衣装は、黒にラメというかキラキラの生地の
ノースリーブで裾が長いのを羽織り、
髪は盛ってるタイプでした。右側だけ前髪が長いのは変わらない。

向かって左から、ルーク篁氏、台の上のタカミィ、ANCHANG、KOJI君。
ルークの後ろにベースの大桃さん、その後ろにドラムのTARO君、
右後ろにただすけさん。

大きな歓声の中、SEが終わると、突然一曲目が始まる!


1.月姫

一曲目からいきなりのヘドバン!?
2階席は上下に揺れ、ちょっとコワイくらい(笑)
何よりちょっと音が大きいというか、ギターが4人もいるせいか
ガチャガチャして少々聞きにくいなーと思いつつも、日頃聴けない大爆音で
なんともスッキリ!(これはあとで耳が慣れてくるから不思議)
やはりANCHANGのヘドバンが一番すごかった。黒髪がぐるんぐるん回る!


2.レプリカント・スキャンダル

てっきり2曲目へのつなぎを演奏してるのかと思ったら、そのまま歌に突入(笑)
発売予定のシングルのカップリングでしたね。
私は知らなかったけど、場内のみんなは結構拳を上げてました。

曲が終わると、パーカッションがリズムを刻み、みんなで大きく手拍子。
なんだろうとドキドキ。


3.O.Z.Y

KOJI君が前に出て、イントロ聞いてなるほど。
照明も明るくキラキラ、ANCHANGとただすけさんが顔を合わせて
ニコニコとアイコンタクト。こういうの好き。
曲の終わりかけ、ドラムだけで歌う「今夜LAZY NOISY~♪」で
ステージのメンバーも大きく手をあげて拍手。
会場と一体になる瞬間、なんかアルフィーを思い出す。


4.VAMPIRE~誘惑のBlood~

ステージは、照明効果で暗闇の中にオレンジの光が射すような、
ハロウィンチックなカラーでスタート。
ギターも、目が赤く光るあれだ。
個人的にはTakamiyのソロ曲ではベスト3に入るくらい好きな曲♪
どうやら今回、牙はナシ(笑)結構好きなのに(笑)


ドラムがリズムを刻み、みんなが手拍子をする中、タカミィの挨拶。
 
ついにファイナル、みんなからの声援を俺にくれ!みたいな感じ。

へびめたバケーショーン!


5.へびめたバケーション!~筋トレ編~

歌詞に合わせてジェスチャーしたり楽しい。
二の腕が本当に太くがっしりしてきたような♪

プラミンプラミン2
(タカミィデザインのプラミン。)


MC

鋼鉄ライブのファイナルだ。
アルバムを発売し、おかげでランクイン。
今回もいろいろな方に詞をお願いした。
コンセプトは、俺が頼めば断らない人を人選した。
今さら咎(とが)められたり、髪を切れと言われるのはイヤだ。

前回みうらじゅん氏と作った曲が、まさかの阿修羅展の公式ソングになり
第二段をやろうと盛り上がったところ、平城京をテーマにしたHEY!JOE!を作った。
いつか平城京で歌うのが使命だ(笑)

リリー・フランキー氏に今回も歌詞をお願いした。
前回はSUPER STAR という、未来の子供たちへの感動的な曲だったのに、
今回は真逆な”官能ハードロック”です。

この二人と、本を出しました!(おっと宣伝?笑)

と言って、ステージ後ろにあらかじめ置いてあった本を持ってきて
みんなに見せる。ちょっと読んでみます、と言って書いてあるのを読む。
”髪を長くしてる大人は、ビートルズか落ち武者でしょ”って書いてます(笑)

本は人生の指針になるけど、この本はまったくならない、という説明(笑)
(タカミィも久しぶりに大笑いしたという。)
そして本をマイクの横に置いて、次の曲紹介。


6.Snake & Marguerite

官能ハードロック…歌詞がなかなかすごい。
しかしタカミィ痛恨のミス。
途中の静かに歌う部分、「君がして欲しい~すべてを話してみて~♪」のところ
2拍分早く歌ってしまい、ただすけさんのオルガンと合ってない。
どこまで行くのだろうとハラハラしてたら最後の「君を開いてごらんー」でやっと気付いた模様(笑)
これでは開けません(笑)違う意味でドキドキした歌でした(笑)


7.HEY!JOE!

平城京の歌ですが、会場中が”平城京!”と力強く拳を上げている様子は結構笑えました。
メタルというか、パンクというか、アルフィーのライブに無い感じ。
Aメロと間奏など、メリハリがあって重厚な迫力を感じられた。CDよりすごく良かった。


いったんギタリスト達はステージからはけて、タカミィが濃い青緑のギターを持って登場。

MC

これは、加山雄三さんから、バースデープレゼントとして頂いたものです。
こういうのは持ってなかったのでステージで使おう!と思ったけど、メタルなのでどうしようかと思った。
なのでちょっとアレンジしたベンチャーズを弾いてみます。


8.ダイアモンド・ヘッド

有名な、デケデケデケデケデン…って曲です。
途中から激しく鋭いシンセに切り替わり、タカミィ・アレンジになった。

MC
小学生の頃のGSブームの頃、ラジオで聴いて一瞬で心を奪われた「モスクワの灯」


9.モスクワの灯

誰の曲??歌謡曲っぽく、ミディアムテンポで、ズンチャっチャ・ズンチャ♪って感じでした。(すみません、よく覚えてない


10.Techno Glamorous

ステージのライトもピカピカぐるぐる激しくなり、カッティング。
ギターもいいけど、ただすけさんのシンセを結構楽しみに待っていた。
スピード感たっぷりの早弾き。そしてベース!
大桃さんの、これまた激しいソロ。いつの間にかタカミィがステージからはけていて彼の独壇場になっていた。

トータルどれくらいあったのだろう、結構長かった。
次第に彼がステージの真ん中前方まで出てきて、ジャンプするとドラムがバン!となるのを繰り返した。すごく盛り上がった!
最後タカミィが出てきて、大桃さんは正座するようにステージに座り、その横にタカミィが立って向かい合って弾く。
こういうのがいい。

メンバー紹介。
ベース、大桃俊樹ー!(アルバム、ツアーにも参加している新人だという説明)
ただすけさん、吉田たろうくんを紹介(ポマードって感じだという説明。笑)

ルーク篁氏を紹介。
今年は忙しいからどうしようと思ったけど、俺のためにスケジュールを空けてくれた男気のあるヤツだ!

ルークが叫ぶ「王子のためなら体もあけるぜー!!」
衣装の胸を開いて見せる(笑) 王子が、それはいらないというジェスチャーをしながらツッコミ。

泣きのレスポール2本でこの曲を。
『17の時に逢いたかった』


11.17の時に逢いたかった

アルフィーも含めたバラードの中で、ベスト10に入るくらいに大好きな曲だ!
これだけで、今日は来て良かったと帰れるくらいだ♪
当時のCDと違い、シンセの打ち込みみたいなのが無く、
シンプルなバンドバージョンといったところでしょうか、
シンバルの音、ギターの音、ピアノの音、それぞれ良く聴こえてすごーく良かった♪
もう一回CD化してくれないかなぁ…タカミィー


MC

KOJIくん、ANCHANGが登場し、紹介。
僕のために回ってくれて感謝している。
ギター4人は、実は全員4月生まれのA型だ。
リハーサルは修行の場。
初日のリハーサルの途中に帰ったヤツがいる!(=ANCHANG)
「全然出来ないので、帰ります」というメールを残して本当に帰った。
みんなが「返信した方がいいんじゃないですか?」と言うが、しないでいた。
またみんなが「返信しましたか?気にしてるんじゃないですか?」と言うが、
「気にするくらいなら、最初から帰らないだろ!」と思ったので「死ね」と返したら
即行「練習してきます!」というような返信が来た(笑)
タカミィが「ANCHANGなりの気のつかい方だよね?」とステージで問いかけると「はい(笑)」と笑ってた。

後ろのメンバーは全員O型。どこかのバンドと似てる(=アルフィー笑)
太郎は坂崎と誕生日も血液型も一緒。
前の4人は全員体育会系。
ルークは柔道、ANCHANGはラグビー、KOJIはハンドボール。
KOJI君はピック投げが得意らしい、という事で何枚か投げる。
しかし思ったより遠くまで来ず…高:「豆まきみたいだからやめよう(笑)」

世代は違うけどギターが共通で、僕のためにみんなが作り上げてくれて感謝。

ソロシングルの紹介。


12.青空を信じているか?

アルバムとは全くカラーが違う曲ですよね。しっとりした中に、激しいアレンジ。
アルフィーっぽいです。

このあとバスドラがリズムを刻んでステージをがらっと変える。

MC

今日はファイナルだ、魔法のメタルライブに来ちゃったと思って
自分の名前と性別を忘れるんだ。
ヘドバンだ。こんなに気持ちのいいものはない!
ヘドバンには松竹梅がある。→と言って実演を兼ねた説明(笑)
梅はタテに小さく振る、竹は横に振る、髪が揺れる。
松はこれだ!と言って、ANCHANGを指さす。
ギターをかき鳴らし、ANCHANGがグルグルとヘドバンをすると大歓声!

盛り上がったところで、「行くぜー!!」


13.エデンの君

今回一番の激しい曲ですね!
途中、左右にいるルークとKOJI君に黄色いスポットライトがあたるのがきれいだった。
アルバムのタイトル曲では無いものの、一番象徴的というか代表曲のような♪
みんなのギターも超カッコ良かった。
メンバーがヘドバンをしている様子はこちらもテンションが上がる!


14.クレオパトラの涙

立て続けに盛り上がる曲ですね。アルフィーのライブでもやってほしい曲です。
サビで、幸ちゃんと賢さんのアー♪とかウー♪というコーラスが聴こえてきそうです(笑)
それにしても、曲名からは全然想像つかない曲です(笑)


15.Kaleidoscope

ツアータイトルが変わったから、これは聴けないと思ってました。嬉しい♪
4人が順番でソロを弾くという、代表的な曲だと勝手に思ってます(笑)


16.仮面の魔法

初めて聴いたのはラジオ(ロックばん)だったのですが、その時の印象とは結局全然違い、ずっとずっと良かった!
やはりライブ☆


17.Fantasia~蒼穹の彼方

タイトル曲です。
エデンからずっとハードなナンバーが続きましたが
メンバーのヘドバンも手を抜く事なくグルングルンすごいです。
特にANCHANGは芸術!
会場のボルテージが最高潮で終了!

お辞儀して全員退場。

国際フォーラムの。

アンコール1

衣装チェンジし登場。
やはりノースリーブで、今度は裏地が金で同じようにコートのようなデザインの衣装。

タカミィが叫ぶ。
「鋼鉄の巨人!」と聞こえたけど「Golden Rule!」だったみたい(笑)


18.Golden Rule ~君はまだ負けてない!~

これも発売前で、私はノリきれませんでしたが、タカミィがリードするので真似して拳を上げました。


19.イミテーション・ゴールド

またまた何か叫んでこの曲が始まるのですが、知らないのでまた新曲かなと思ってたら…
サビで♪Ah Ah Ah イミテーション・ゴールド♪と。
タカミィったら、手をフリフリ、振り付き♪
2番のサビも同じフリ。なんか可愛い♪会場のみんなもフリをしていた。
有名なのかな?わからずちょっと残念。

ここでコートのような衣装を脱いで、タンクトップになる。

4人が彫刻のようなエンジェル・ギターに持ち替える。
ルークのは青く光っていて、ANCHANGのは赤いバラがついており、
KOJI君のは弦の他に弦がついてるあれです(笑)
タカミィは一番大きいクワガタみたいなあれです(すみませんっ笑)

「歌詞は憶えてきたかな、みんなで歌おう、ヤッターマン!」


20.ヤッターマンの歌

2番3番の「♪ドロンボーたちをー♪」等、ところどころを客席に歌わせる。
歌の最後のギターソロでは4人が前に出て順番にギターソロだ。
前のライブもそうだったけどエンジェル4本は圧巻だ。


MC
今夜は魔法を見せよう。
スペシャルゲストに来てもらった。
すごいメタルにしてもらおう。
マーティー・フリードマン!

なんと、マーティーが登場!!
FANTAバンドに留まらず、ついにここに来てしまいましたね!
ルークとタカミィの間にマーティーが入ります!

「ギタリストが5人になってしまった!もう一度、エデンの君!」


21.エデンの君

あー、なんていうライブでしょう、EGが5人、前に並んでるライブなんて(爆)
しかもしかも、タカミィ英語の歌詞!?
最初だけと思ったら最後まで!?
かっこ良すぎです(涙)CDにならないかな!?
ちなみにライティングは最初の時と同じでした。
最後、マーティーがソロっぽくフレーズを弾いて終わり。

マーティー一曲で帰っちゃうのかなと思ったら、間髪入れず次へ。


22.騒音おばさんVS高音おじさん

みんなでHEY!ってやるの、すっごい楽しい☆
それにしてもマーティーの音だけ大きく聞こえたのは私だけ??
今回もおばちゃんのセリフ「♪部屋でエレキを弾かないちょうだい!」はルーク、
「♪ヤカンのお湯が沸いてるわよ!」はKOJI君がおばちゃんのセリフを担当。
ギターソロの部分はまた順番に。最後もしばらくソロ。
みんながライトハンドや、背中で弾いたりしてたのはこの曲だったかなぁ、違ったかな!?少々頭が真っ白なくらい盛り上がりました(笑)
最後、マーティーがソロを弾いてる間にタカミィがはけ、ルークが音頭をとって締めてました。


23.夜桜お七

静かなイントロの部分はKOJI君。
そしてタカミィがPVと同じ着物風の衣装をはおって真ん中奥から登場!
照明はピンクで、ギターはもちろん、刀まで持っている!
日本舞踊の扇子のように刀をくるくるゆっくり回して歌う。
そして2番で桜の花びらが降ってくる。
それがまたかなり大量で、ステージが桜の花の嵐のようだ。
(あ、さくら さくら はな吹雪♪かっ)

刀はタカミィのマイクの横のスタンドにぶら下げ、
メンバーが全員ステージギリギリの前まで来て、順にソロを弾く。
後ろの桜吹雪は止まず、滝のようだ。すごい迫力で終了!


アンコール2

タカミィが上下真っ白なスーツに白いギターで登場。
こんなに白いと、これはこれですごく派手です(笑)


24.Berlin Rain

いきなり始まった、泣きのギターソロ曲です。
ベルリンの至宝展のテーマ曲でしたね。


MC
音楽は風景が浮かぶ。魔法だ。
今の曲はベルリンの壁を見た時のイメージだ。
一瞬一瞬が繋がって、永遠になる。
一瞬は大切だ。
みんなの思いが伝わって、僕の一瞬は永遠になる。
自分はステージでギターを弾くのが最高に幸せだ。
もしみんながそれで幸せになれるなら、みんなをずっと幸せにするため
永遠にギター弾き続けていきたいと思います。

今夜はどうもありがとうございました。

(場内拍手)

もしバンパイアのように永遠の命が与えられたら、
孤独だと思うけど、それもファンタジーだ。
いま出逢っている人とはどこかで出逢っていたりまた逢うかも知れない。
命は繋がっている。
永遠の愛の歌を。
(もうちょっと長いMCだったのですが…何か少し笑ったり)

ここでサングラスを取った気が。

25.Blood of Eternal

最後のMCのあとだと、また違った風に聴こえました。
これで最後だなと思って、歌っている姿も目に焼き付けてました。

ゆっくり挨拶をして、退場。

これで楽しかったソロ・ライブは終了です。

タカミィライブ

で、恒例、またまた面白い場内アナウンス。

・以上で終了です。
・頬をつねってみてください、痛かったら夢ではなく現実です。
・でも持ち帰れる、形になるものがあります。場内のロビーにおきまして…
(グッズ売り場の宣伝です。爆)

東京国際フォーラム


■どこだったか忘れてしまった事。

タカミィのMCで、パンフに自分の好きなものや怪獣を載せてます、という説明。
タカミィとただすけさんが、一緒にリズムをとってた光景。
曲のエンディングで、タカミィがデザインした3rdプラネットのキャラクター「プラミン」の人形を後ろから持ってきて、みんなに見せながら上へ掲げていたところ。
ただすけさんが、頭を抱えていた場面。

国際フォーラムネオン

  クリック
   ↓↓↓
ブログ内のALFEE 関連記事をまとめて表示

ランキング参加中です。同じジャンルのブログ一覧も見られます。
blogram投票ボタン
にほんブログ村 音楽ブログ グループミュージシャン 応援へにほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ人気ブログランキングへ
コメント
いつもライブの実況、本当に感心します!
えらい・すごいよ!
イミテーションゴールドは山口百恵ちゃんでしょう。阿木・宇崎コンビの曲?私たちよりちょっと上世代なら誰でも知ってると思うけど、客層はどんなだったかな?
2010/09/24(Fri) 11:07 | URL | きりん74 | 【編集
>きりん74さんへ

わあ、読んで頂き感謝
私はダラダラ打ったものの、読み返す元気もなくそのままアップしてしまった
誤字脱字乱文、歌詞間違え等々、きっとあるからやはり校正しなくちゃ失礼だわ



山口百恵ちゃんなるほどタカミィは百恵ちゃんファンだったはず
ファン層は、私達より年上世代の方が数は多いメリアン星ディスの頃に中学生だと、今は40歳過ぎあたりかな?
たぶん私個人も特に歌謡曲を知らなすぎかも知れないけど、前に同じようにソロライブでアン・ルイスを歌ったり、アルフィーでは沢田研二がよく歌われるけど、いつも微妙にヒットせず
私の小~中学時代のアイドルは明菜にキョンキョン、工藤静香、中山美穂、光GENJI、トシちゃん、チェッカーズ、徳永英明のファンが周りにいたなぁ。バンドブームとかも懐かしい
2010/09/25(Sat) 10:54 | URL | 管理人けいこ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。