Airport Cafe* ALFEE 2009夏イベ ネタバレレポ MC少しあり(初日8/8)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年8月8日 Burn Into Memory Night
アルフィー最後の夏イベ初日。
(セットリスト、MCネタバレあります)

チケットが届くまでは業者の印字・発送ミスでいろいろありましたが、そんな事は忘れてしまうほど待ちに待った最後の夏のイベント

今日はダンナと参加。彼はファンじゃないし、そんなに気が乗らない様子
ライブ中も質疑応答で大変でした(笑)
2009座席表
今回の座席表です。3年前の座席表と違うのは、花道が無いくらいでしたね。

↓開演5分前のステージです。写真は撮ってませんが、真っ白な服の研ナオコさんがステージに向かって右端B~Cブロックのあたりにいらして、みんなにお辞儀をされてました。かなり目立っていて、みんな写真を撮らせてもらってましたね。

開演前


勇ましいSEのあと、

1.メリーアン
 なるほど、そう来るのね!と思った方も多いのではないですか? 
2.ジェネレーション・ダイナマイト
3.夢よ急げ
 今回はステージの上方(写真ではタイトルが出てる所)にメンバーが映し出される仕組み。例年通り左右にスクリーンもあって、オペラグラス無しでもOK、これは良い♪
4.ラジカルティーンエイジャー
 (間奏の、戦闘機が飛び爆弾が落ちる音を野外で聴くのは最後だなと感じました。)
ところで詳細はまた書きますが、このブロックはほとんど記憶がありませんジェネ・ダマなんて、他サイトのセットリストを見た時、間違えてると思ったほどですから

ここで高見沢さんMC
「ハロー横浜ー!最後の夏だぞ!」 
「アルフィーのライブに、いい席も悪い席もなーい!」
本人も言ってましたが、最初のMCからタカミィが叫んでるなんて今夜の気合いの入れようはいつもと違う!?
桜:「行くぞ横浜!」 幸:「来たぞ横浜!」 高:「さーいくぞー!」そして流れたのは

カララン カララン… (ん?)

5.Girl 
(びっくり昔ドラマの主題歌でしたね、田代まさしが出てた学園モノ(笑))
6.トラベリングバンド(歌部分)「辿り着いたぜ横浜!」
7.希望の鐘が鳴る朝に(ここまで、曲が始まるたびにダンナから「この曲知らない」「これは古い曲?」などの質問攻めにあってましたが、金太郎だ、これなら知ってるだろう…と安堵。何してるんだ私。)

MC幸ちゃん(しらばくの間、オスワリ!)

当日の空ではないです、ごめんなさい。

幸:「だんだん日が暮れて、みんなの顔が見えなくなってきて寂しいですね。
(この言葉、何故かとても印象的でした。)
幸:「後ろのみんなー!」とあおるも、後ろの方々の歓声は遠くてステージには届かなかったよう。幸ちゃんも言ってたけど気持ちは伝わったみたい。
幸:「海側の皆さん、落ちないでね(笑)」(ここから暫く私は海や船を見てました笑)

そして夏イベの歴史、みなとみらいの変遷(観覧車の位置が違った?!)、具体的に数字をあげてイベントは神奈川での開催が一番多いという話をされてましたが、すみません詳しく憶えてません
手をあげるコーナーもここかな。
そこへ野外の天敵ヘリコプターがパタパタ音を立ててやって来た。
幸:「バラードの時じゃなくて良かったですね(笑)」(昔、ペイヴメントでヘリコプターが来て台無しだった事があった。ダンナに質問されこれも説明。)
それと福岡での野外ライブ中、アコースティックコーナーで桜井さんの頭にしばらくカナブンが止まってた話がありましたね。整髪料に誘われたのだろうとか。

桜:「今年は天気が読めない、俺は空気が読めない!」
幸:「漢字も読めないね」(場内爆笑)

桜:「昨日、第三京浜で一瞬雨がひどかった。今日は大丈夫。」
桜:「ところで”バケツがひっくり返ったような雨”っていいますが、バケツだけひっくり返ってもダメですよ」
幸:「大きくないと?」
桜:「水が入ったバケツじゃないと
これがこの夏イベで一番面白かった

それから桜井さんが、幸ちゃんのサンバイザーを指さして、紫外線は頭に良くない、それはダメだと指摘したら、幸ちゃんが髪とサンバイザーがくっついてるかも?と自虐ネタ。
坂崎変装グッズとして売ろうか?」
桜井さんは「サングラスとヒゲ」、タカミィは、「髪と鼻」だったかな??(違ったら教えてください)

タカミィ登場。桜井さんに向かって、「もっとあっちに行けよ」(顔がデカイという意味)と言いつつも自ら近寄り、お互いの衣裳の話。(桜井さんはピンクのスーツ)
高見沢さんの衣裳に紋章が入っていて、それがスカル(骸骨)だという話。
「スカル」「マサル?」(笑)
過去の夏イベ、BRIDGE ACROSS THE FUTURE で、桜井さんは全身ピンクで登場して、ずっとみんなに笑われてたけど、今日は自らピンクを着ているね、という話がありました。
先日の読売新聞の特集記事で読んだのですが、この笑われたピンクの衣裳、実は渋い赤で発注してたはずがどう見てもピンクだったようですね。私は知らなかったです

8.真夏のストレンジャー
この頃、とにかく夕焼けの空がきれい。ひらがなの「つ」の様な雲がたくさん。

そして、ただすけさんの幻想的なピアノが始まる。なんだろうとワクワク。早くDVD出ないかな?もう一度聴きたい感じだった
この曲はというと… 

   ↓
   ↓
これも当日の空ではなく、イメージね

「マストをひるがえし~♪」な、なんと!

9.セイリング(キター!私が一番聴きたかった曲だ周りからも「キャ」という声が上がった。みんな同じ気持ちだったよね?)
太郎君のドラムも入り、まさにベイエリアの10万人コンサートのような感覚だ。
ギターソロや、シンセの感じがちょっと違ったのが残念だった。でもそれは私のビデオの見過ぎです。参加したかった憧れの夏イベだから。

10.WEEKEND SHUFFLE-華やかな週末-
これまたこの数週間、ずっとウォークマンで聴いてた曲だ!嬉しい♪

高見沢さんMC

高:「今日は80年代の曲を中心にやってますが、ずっとやり続けてるから色あせてない。」
(うんうん、今日は10代に戻ったようなライブだ)
夏は好きじゃない!というお話。
高:「全国から集まってくれてると思いますが、今年も聞いてみようかな?山口県から来た人!」
(当然ダンナから「なんで山口なの?」の質問。)
説明中、タカミィがヘリコプターの話をしていたような。
昔、タカミィが幸ちゃんと人形町(浜町)にあるプールに行った話。
TOKYO BAY AREA、SUNSET-SUNRISE、4 ACCESS AREA(1986~1988) の話。
当時、記者が桜井さんに”ACCESS”の意味を聞いたのに、わからないからと完全に無視してた話。記者会見なのに、ダメでしょ!笑
初めての野外ライブ、1982年の所沢での時、あの頃は若かったという話から

11.SINCE1982
12.STAR SHIP-光を求めて-(空に星を探すと、かろうじてあった!)
13.THE AGES
余談ですがこの曲は、私が初めてアルコンに参加した中1の札幌でのライブの記念すべき一曲目なのだ。(LONG WAY TO FREEDOMツアー)
後ろからライトで照らされて現れた本物の3人のシルエットは、今でもはっきり憶えてます。
だからこの曲が始まると、必ずあのシーンを思い出すんですよ。まさにタイムスリップできる曲。
14.誓いの明日
15.天河の舟(一気に最近の曲ですね。)
16.LONGWAY TO FREEDOM
タカミィがゴンドラに乗って、剣を振り回しながら高くまで上がった。ダンナも「あ、アルプス電器のだよね!」とテンションが上がった。
歌詞は”血を吐くまで好きだバージョン”(笑)

アンコール1

出囃子(でばやし)祭囃子のようなBGMが流れ、ハッピーおじさん(桜井さん)登場。
「公共事業が減って暇だったけど、タカミィが呼んでくれたんだよ。」
当然ダンナに「なに?これ?」と質問され、ハッピーおじさんについて説明(笑)
気付くと桜井さんが「D、D、D!」と促している。やった!

17.D.D.D.
腕を組んで仁王立ちの夫の横でそーっと控えめに踊った。
だーい好きな曲だっただけに、この遠慮深い踊りは本当に残念だった(笑)
タカミィがギターソロを忘れ、慌てて途中から弾くも、手袋つけたままでしたよね!

18.冒険者たち
これはダンナの好きな曲だ。間奏の巻き舌のとこが(笑)私も安心!
19.サファイアの瞳「横浜 CITY LIGHTS♪」

タカミィによるメンバー紹介。「イェイしか言えないのか!(イエー)どこから来た!(イエー!)」何かもうちょっと長々とあったあと、
「いま休んでる訳ではないからな、力の配分がわからない(笑)、さっき楽屋で話してたんだ」
デーモン小暮が挑発しているような、タカミィのかなり悪っぽい声で
「それではヘビーなナンバーを!アルフィー史上、極悪非道なナンバーを!」
で、みなさんも予想できたと思うけど、幸ちゃんの軽快なシャカシャカギターで始まる
20.君はパラダイス
なりたいものシリーズ
幸:トライアスロン 最初で無理!
桜:高いとこに昇る(高:武道館が楽しみ!明日も?とツッコミ)
タカミィ:パーマン(幸:2号?のツッコミ)
幸:桜井!やっぱりなりたくない。
流れは忘れたけど、わんこそばギターの話になった。
むかし、桜井:91杯、高見沢:90杯で負けた
幸ちゃんのブタのモノマネ?
幸ちゃんの麻生太郎のモノマネ
「もうすぐ解散しますが、アルフィーは解散しません!」
恋人になりたい』をちょっとやって「やらないよ~♪」
(すみません、箇条書きメモから詳細が思い出せず、断片的でひどいっ笑)

21.Masqurade Love
22.星空のディスタンス
(星を探したけど、結構曇ってましたね、残念)

アンコール2 タカミィMC
「オリジナル曲のないままデビューして中途半端だったけど、夏のイベントの始まりの所沢航空記念公園の日に「これで行こう!」と決めました。この時坂崎は酒屋を継ぐのを、桜井も太伝治商店を継ぐのをやめました。それがこの1982年。」
そして印象的だったのが、
「運よく3人が出逢って、成りたいものになれた。」というコメント。

23.Musician
この曲の後半、ドラムがドダダダっと入り盛り上がるところで、急に白いライトが何本も空を突き刺すよう光って、みんな驚きましたよね。空の高さを感じたというか、野外ならではです。
24.SWEAT&TEARS
「あー、ついに終わりだ」と、寂しい気持ちに。それにしてもあっと言う間でビックリ。
メンバーが挨拶したあと、SWEAT&TEARSのピアノのBGMが流れる中、花火をみんなで見た。すごく大きいのやキラキラする花火には歓声が上がりましたよね。

終演後のステージ

そしてゴンドラで海側を移動、一番後ろの席まで行ってくれました。手を振って、終了。

写真は終演後のステージです、規制退場中。

赤れんが

月と赤レンガとステージと、一番奥にベイブリッジ!

*********************************************************
  クリック
   ↓↓↓
ALFEE 関連記事をまとめて表示

コメント
おぉー
すげー、MC良く覚えてれますねー!
ある程度、熱も落ち着いてきた所に読んじゃったら、また思いだしちったっ。
これ読んでから夏イベ話書けばよかったなー(^_^;)

ダンナさんの反応は、基本正しいかと。
特にロンウェイ=アルプス電気はっ(爆)

そう、最初のみなとみらいの頃から、観覧車の位置移動してんですよー。
もっとクイーンズスクエア側だったのかな?
当時は工事の高いフェンスだらけで、位置は今一把握出来てないですが(^_^;)

2日目も楽しみにしてまーす
2009/08/23(Sun) 22:05 | URL | あっちゃん♪ | 【編集
>あっちゃんさん
ありがとうございます!みなとみらいの話はDVDに入ったらもう一度おさらいしようと思ってました
私もレポ拝読(参考?)しましたよ自分のレポが出来たらコメント改めて書きに行きますね。特に船シリーズの話は大好き
MC、初日はちょっと自信あるんですよー後日談に書きますが、もういちいちMC中にダンナに解説&かなり冷静だった彼と答え合わせしましたから(笑)とはいえ話の位置・順番は他サイトで確認問題は2日目…抽象的だし今のところ自分の感想ばかり。あとは他の方のブログや読売新聞を参考に、写真で埋める感じかしら…?
2009/08/24(Mon) 00:22 | URL | 管理人けいこ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。